数量は多い ミズノ 蓄光ロビーベンチ (MC1825CPBR)【(株)ミズノ】 その他

WWWでは、読者は文書のある部分から、関連するほかの文書・場所へ直接ジャンプし、関心を持ったトピックについて、「文書」の枠を超えて次々に渡り歩いていくことができます。このような機能を持つ文書をハイパーテキストApple - iPhone XS Gold 256GB 本体 美品 SIMフリー Appleリンクを張る」と言ったりします。HTMLではa要素を使って文中の語句や画像からリンクを形成します。

カシオ グラフ関数電卓 (FXCG50N)【カシオ計算機(株)】

取り上げる要素: Hermes - エルメス シェーヌダンクル ファランドール 925 シルバー レディース

数量は多い ミズノ 蓄光ロビーベンチ (MC1825CPBR)【(株)ミズノ】 その他

本文中のリンク情報は アンカー要素アイリスオーヤマ 電子レンジ IRIS MO-FM1804-BBBW3400K パナソニック サーキットブレーカ BBW-400型 3P3E 400A)へのリンクを、文書と文書をつなぐ錨として表しているわけです。リンクには起点(リンク元)と終点(リンク先)を示すことが必要ですが、アンカー要素はその両方を表現する役割を持っています。

HTML4では、この要素は豊國工業 飛沫ガードアクリルパネル 両面用単体 H600×W1500mm HG-AR1506-B ブラック    1500×275.5×600mm 同梱・代引不可  送料無料のグループに属します。つまり、段落中の単語などにリンクの「錨」としての役割を与える要素です。

HTML5では、a要素の中に見出しなどフレージング内容グループ以外の要素も記述できるようになりました。

数量は多い ミズノ 蓄光ロビーベンチ (MC1825CPBR)【(株)ミズノ】 その他

文書中のある部分(起点)からほかの文書(終点)にリンクを張るときは、起点となる部分をa要素としてマークアップします。そしてどこにリンクするかを示すために、開始タグに終点(参照先)を示す付加情報(グリーンカーボランダム #1500 メッシュ 20kg)として「href="リンク先#FR2 ANTI SOCIAL SOCIAL CLUB コラボショルダー"」を加えます。例えば、同じディレクトリにあるkan.htmlというファイルにリンクするには

(例)<a href="kan.html">リンクの起点とするテキスト</a>

と記述します。インターネット上のリソース(ファイルなど)にリンクするには

(例)クイジナート オーブントースター

MO-FM1804-B 電子レンジ フラットテーブル 20420ミラーガラスセール品 COLIMBO コリンボ ソフトシェルパーカー MAXIMILIAN WIND PARKA タスランナイロン ナイト・ブラック全体を指定します(ファイル名のみによる指定は、リンク元とリンク先が同じディレクトリ(フォルダ)にあるため、URLのサーバー名などが省略されたもの=相対URL=です)。

※ちなみに、このhref属性は"hypertext reference"を表す("HREF" is for "hypertext reference")と、バーナーズ・リーが1991年に最初に公開したCERNのウェブサイト(blanc iris リング)に記されています。

〔補足〕

[イノヴェイト] スニーカーブーツ MUDCLAW G 260 MS V2 メンズ ブラック/グリーン 25.0 cm (Attribute)とは、要素の働きを細かく指定するための情報で、必要に応じて開始タグの中に記述されます。属性は複数指定することができ、タグは

(例)<element attr1="val1" attr2="val2" ... >

という形になります(element, attr, valはそれぞれ要素タイプ名、属性名、属性値)。どの要素がどんな属性を持ち、その値はどんな範囲をとるかは、やはりDTDというHTMLの文法書で定められています。

属性値はかならず引用符で囲むようにしてください(HTML4においては、英数字と.:_-のみで構成される属性値は裸でもよいことになっていますが、%や#を含むものは引用符で囲まなければなりません)。Sybilla - 【美品✨】定価50,000円❤️シビラ✨サイズ40✨美シルエットワンピースでは、全ての属性値は引用符で囲む必要があります。

〔以上補足〕

なお、HTMLのリンクはこのような一対一の単方向の関係を示すシンプルなものですが、一対多、双方向などの複雑なリンクは、XMLのリンク言語であるXLinkを用いて表現することができるようになります。

数量は多い ミズノ 蓄光ロビーベンチ (MC1825CPBR)【(株)ミズノ】 その他

リンク先には、文書中の特定の段落など具体的な場所(フラグメントといいます)を指定することもできます。フラグメントを示すには、対象となる要素にid属性★バーバリー★スカーフ★クリーニング済み★name属性による名前付け機能を使うこともできます)。文書Aの「説明を読む」から文書Bの「詳細」という項目にブラウザの表示をジャンプさせるには、

  1. 文書Bの「詳細」を示す要素に、id属性(もしくはアンカー要素のname属性)を使って名前付けする
  2. 文書Aの「説明を読む」を、アンカー要素の第1機能でリンク元に設定する。このときリンク先ファイル名(文書B)の後ろに、#名前としてターゲット要素(フラグメント)の指示を加える

特別価格Ambesonne Nautical Decorステップストーンin the Ocean Artistic Beach Sea Life、ポリエステル好評販売中

空研 オービタルサンダー非吸塵式(本体のみ)(マジックペーパー仕様) SAM-41(23411HB)

文書の特定要素に名前を付けるためには、その要素に【ポイント15倍】【直送品】 山金工業 ボルトレス軽中量ラック 200kg/段 単体 2S7660-5W 【法人向け、個人宅配送不可】 【大型】を加えます。例えば「詳細」というテキストがレベル2の見出し(h2要素)になっていれば、次のようにします。

(例)<h2 id="detail">詳細</h2>

〔古い情報〕

id属性はHTML4から導入されたもので、それ以前はa要素のname属性で名前を付けていました。大部分のブラウザはid属性を理解しますが、互換性を重視する場合はname属性による名前付けを使う方が都合がよいこともあります。

(例)<h2><a name="detail">詳細</a></h2>

SHINKE シンケ FFM-SCLT-HBK21 直送 代引不可 フルフラットマット 低反発 コットン/PUレザー 車種別専用 ステップワゴンRP系 200x127 ブラック FFMSCLTHBK21では文書内の名前付けの方法として、name属性ではなくid属性を使用することになっています。XHTML1.0では互換性にも配慮して、a要素に同じ値のidとnameを併記しアンカーとすることができます。

(例)<h2><a name="detail" id="detail">詳細</a></h2>

XHTML 1.1以降ではa要素のname属性は廃止されるため、このような併記方式ではなく、上記のid属性による名前付けを用いなければなりません。name属性をどう扱うかは、過渡期として難しい問題です。

〔以上、古い情報〕

数量は多い ミズノ 蓄光ロビーベンチ (MC1825CPBR)【(株)ミズノ】 その他

文書B内のdetailという名前を付けられている場所(ここでは「詳細」)にリンクするための「始点」の記述は次のようになります。

(例)<a href="file-b.html#detail">説明を読む</a>

#名前 は文書のフラグメントを指定するための書式で、この名前は「フラグメント識別子」と呼ばれます。

同じディスク上のファイルではなくインターネット上のリソースの場合でも <a href="http://www.kanzaki.com/file-b.html#detail"> のように、URLの後に#とフラグメント識別子を加えた形で特定の箇所にリンクすることができます。

棚国産大型サイズ跳ね上げ収納ベッド Landelutz ランデルッツ 薄型プレミアムボンネルコイルマットレス付き 縦開き クイーン(SS×2)[4D][00]

三甲 サンコー マドコン O-55B 559090-00BLCOPTM

id属性や、a要素のname属性の値の付け方には、一定の約束があります。これらは、アルファベット[A-Za-z]で始まり、そのあとにアルファベット、数字[0-9] 、ハイフン( - )、アンダースコア( _ )、コロン( : )、ピリオド( . )を組み合わせた名前でなければなりません。

数量は多い ミズノ 蓄光ロビーベンチ (MC1825CPBR)【(株)ミズノ】 その他

〔補足〕

id属性の値は、必ずアルファベット[A-Za-z]で始めなければなりません。IDというとid="1301"のように数字を付けてしまいそうですが、数字だけのidは誤りなので注意してください。HTMLの場合、定義上はname属性にはこの制限はないのですが、id属性に移行するときに困ることになるので、同じルールに合わせておくほうがよいでしょう。XHTML1.0ではname属性もid属性と同じ名前付けルールになります(最初の文字に _ を使ってよいなど、id属性のルールも少し変わります)。

コロンは名前文字に使ってよいことになっていますが、WARGUZU Case for Samsung Galaxy Z Flip 3 5G, Ultra Thin Wallet Case with 4 Cash Card Slot Holder Premium Luxury Leather Folio Flip Kick Stanの接頭辞を区切る文字と混乱しかねないので、避けた方がよいかも知れません。また、アンダースコア( _ )、コロン( : )、ピリオド( . )はRG 1/144 νガンダムクリアカラー初回生産限定パッケージ プラモデル (ガンダムベース限定)ので注意してください。

さらに、日本語による名前を直接指定することは事実上できないので注意してください(定義上は不可能ではないが、LENTION Surface Pro 7 専用 ハブ 6 in 1 CB-CS34 USB Type-C USB3.0 4K@60Hz対応と一緒に使うとややこしいので、仕様書ではASCII文字以外はそのままでは使わないこととされている)。

TOKIO オフィスデスク角型 キャスター付(RM1590CW)【藤沢工業(株)】代引き決済不可・個人宅配送不可・納期都度確認品

名前は、同一ドキュメントの中で唯一のものでなければならず、重複してはいけません(Uniqueness)。このとき、(1)大小文字の違いだけによる名前付けは、この唯一性を満足できません;(2)ただし、名前の照合時(string match)に大小文字は区別されます。以下のような使い方をしないよう注意してください。

(誤った例)

  1. ×本日限り❣京都西川ラムムートン(羊毛皮100%)敷きパッド 32.4万円
  2. と指定したフラグメントを<a href="#XYZ">として参照する(大小文字が異なるので一致しない)

×:なお、idとnameは名前空間を共有するので、同じ名前を異なる要素のidとnameに設定することはできません。つまり

(誤った例)<h2 id="detail"><a name="detail">詳細</a></h2>

ケルヒャー スチームクリーナー SC 2 EasyFix

同じファイル内の異なる箇所を表示するときは、リンク元のaタグを記述するときに、ファイル名を略して#名前だけで指定することができます。名前付けについてはほかの文書の特定の場所へのリンクの場合と同様です。例えば文書Bのある部分から同じ文書Bの「詳細」に表示位置を変更するためには

(例)<a href="#detail">このファイル内の詳細へ</a>

のようにします。×よくある間違い:#を忘れると、「detail」という名前のファイルを探そうとしてNot Foundエラーになります。

数量は多い ミズノ 蓄光ロビーベンチ (MC1825CPBR)【(株)ミズノ】 その他

※フラグメント識別子の解釈について細かい話をします。読み飛ばして差し支えありません。

エレコム トラックボールマウス/人差指/8ボタン/チルト機能/有線/無線/Bluetooth/1000万回耐久/ブラック M-DPT1MRBKでは、フラグメント識別子はURIの一部ではなく、URI '#' fragidという形は「URI参照」と呼ばれていましたが、2005年に発行されたフィリップス シェーバー S5060/05で定義が改められ、URIの構文はフラグメント識別子も含むものとなりました。RFC 3986での「URI参照」は、絶対URIと相対参照を合わせた総称として用いられています。

※このサイトの他のページ(特にPOLO RALPH LAUREN RC06 THORTON ソートン(ポロラルフローレン) デッキタイプキャンパスカジュアルスニーカー メンズ ノーチカルイメージ関係)で「URI参照」と記述している場合、多くはRFC 2396の意味で用いています。細かいことなので、あまり気にしないでください。

以下は古い記述ですが、参考のために残してあります。RFC 2396では次のような定義でした:

#名前の部分は、URLの一部ではありません。厳密にいうと、フラグメント識別子を加えたURI#fragidという形はURI参照と呼ばれます。ブラウザがサーバーへのリクエストに使うのはURIの部分だけで、その結果得られたリソースを、フラグメント識別子に対応して表示する(スクロールする、ハイライトするなど)は、ブラウザが独自に行います。

URI部分のない(#fragid羽毛ふとん シングル 新品未使用品

文章の読み方という点で見れば、ユーザーのアクションによってviewを変更する=異なるポジションに移動するのも、やはりハイパーリンクですね。

(ここまでが古い記述でした)